スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【12】アンチエイジングと代謝アップ

生命を維持する為に、新しい物を取り入れて、古い物を捨てなければなりません。この一連の化学反応を代謝(メタボリズム)と呼びます。代謝には、異化(カタボリズム)と同化(アナボリズム)があります。異化は、有機物を分解してエネルギーを得たり、いらなくなった古い細胞を分解したりします。同化は、エネルギーを使って蛋白質を合成したり、核酸を作るなどします。


加齢と共に体の代謝が衰えて痛んだところの修復が遅れて、いろいろな老化現象が出てきます。

古い細胞から新しい細胞に4000万もの細胞が一日に入れ替わっています。この活動を新陳代謝と呼びます。

代謝 

代謝には新陳代謝、基礎代謝、実質代謝の3つがあります。

新陳代謝というのは、体の細胞が新しく生まれ変わるために必要なエネルギーのことです。皮膚も肉も骨も内臓も、体は古い組織を破壊し、新しい組織へ作り変えています。髪が伸びるのもツメが伸びるのも、新陳代謝によるものです。新陳代謝に最も大事な栄養素は、タンパク質です。タンパク質が不足すると、肌やツメや髪が荒れてきます。

基礎代謝というのは、人間が生きていく為の活動に消費するエネルギーのことです。人間は生きていく為に、体温を維持したり、心臓を動かしたり、食べ物を消化したり、脳で物事を考えたりします。基礎代謝は、中性脂肪を分解したエネルギーを使って活動します。ですので、人間の体と言うのは、生きていく為に中性脂肪がたくさん必要なので、脂肪をたくさん蓄えられる仕組みになっています。ちなみに、脳だけは中性脂肪ではなく糖分から得られるエネルギーしか利用できません。

実質代謝というのは、基礎代謝に生活における活動で消費するエネルギー(活動代謝)や食べ物が吸収、消化されるまでの過程で発生するエネルギー(食事誘発性熱代謝)を加えたものを言います。人間は、椅子に座っていてもバランスを取るために体は力を使っています。

通常、1日の総消費エネルギー量のうち、基礎代謝量は約70パーセントを占めています。

食べる量は同じなのに、自分だけ太ってしまう場合は、たいてい基礎代謝が関係しているようです。基礎代謝の中でもっとも消費量が多いのが筋肉。体の組織の約40%は筋肉でできていて、筋肉の量が多ければ多いほど、基礎代謝量はアップし、消費エネルギーは大きくなります。だから同じ体重の人が同じ量を食べても、結果に差がでます。いくら頑張ってもやせられない人は、とにかく基礎代謝を意識したダイエットを心がけましょう。

基礎代謝は生後、成長するにつれ て高くなり、16~18歳前後をピークにその後は徐々に減っていき、個人差はありますが、一般に40歳を過ぎると急激な下降線をたどります。これは加齢によって筋肉が衰えて減少してしまうからでまた、女性は男性より基礎代謝が低い傾向にあります。女性は妊娠・出産という大切な役目があるため、男性よりも多くの体脂肪を蓄えており、筋肉量が少ないことが原因です

 
 
 新陳代謝がアップする方法として、睡眠中に分泌される成長ホルモンとか、成長因子を増やしてやる事が必要です。

 

私たちの身体の細胞は常に入れ替わっています。よくわかるのが髪の毛や爪ですね。常に新しい細胞が生まれて古い細胞を押し上げています。同じように他の臓器や器官でも細胞は常に生まれ、古い細胞は死んで入れ替わっているのです。大体3ヶ月ですべての細胞が完全に入れ替わっているそうです。私たちはずっと3ヶ月毎に新しい身体を手に入れていることになります。この作用が新陳代謝です。

若いころは新陳代謝の働きが正常で、常に新しい細胞で身体が構成されるようになっているのですが、年をとるとこの新陳代謝のペースが徐々に下がってきて古い細胞が新しい細胞になかなか変わらなくなってきます。これが老化の始まりです。だからこの新陳代謝を正常な状態に保つことがアンチエイジングになっていくのです。


新陳代謝を向上させる一番の方法は、プラセンタをとる事です。



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。