FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【9】カリウム 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【9】 カルシウム+カリウム+マグネシウム
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

カルシウム

カルシウムは国民栄養調査でも一度も所要量を満たしたことがありません。火山国である日本人は水と土壌の関係で特にカルシウム不足になりがちなのです。日本人は慢性的な“カルシウム不足民族”です。

厚生省栄養審議会の答申では、幼児で400mg、児童生徒で500~900mg,成人で700mg、妊産・受乳婦で1,000~1,100mgのカルシウムが必要。

私たちの毎日の食事からの摂取量では、はるかに不足で、もっとカルシウムを補給しなければなりません。カルシウム不足は発育を遅らせ、老化を早めることになります。


納豆菌は、骨の形成を盛んにして骨の破壊も防ぐビタミンK2をつくります。骨折した人は、骨折しない人にくらべ、ビタミンK2の血中濃度が低いというデータもあります。

マグネシウム

マグネシウムは300種類の酵素に関係しています。マグネシウム研究の権威であるヘルシンキ大学のカルバーネンは、先進諸国でマグネシウムの摂取量が減っているのは世界的な傾向だといっています。

先進諸国のマグネシウム摂取レベルは、過去80年のうちにかつての2/3くらいまで落ち込みました。同時にタンパク質、脂肪、砂糖の摂取は増加しましたが・これらはいずれもマグネシウムの必要量を高めるファクターになります

また、ストレスは細胞の中に入っていたマグネシウムを外に運び出す働きをします。


カリウム


厚生労働省によって”日本人の栄養摂取基準”というものが定められています。

2005年度に新たに改正された基準には日本人がこれまで以上に摂るべき四つの栄養素が示されています。

四つの栄養素とは、

  ・カルシウム
  ・食物繊維
  ・DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸
  ・カリウム

です。

このカリウムは、2004年までは日本人は通常の食事で十分に摂ることができているとされてきました。ところが今回の改正によって必要量の基準が見直され大幅に増えたのです。

カリウムの一日栄養所要量は2000㎎となっています。カリウムは全ミネラルの中でもっとも一日栄養所要量が多く、2番目のカルシウムが700㎎ですから、3倍もの開きがあります。

米国高血圧合同委員会第6次報告で、高血圧の予防のために、3,500mg/日を摂ることが望ましいとしています。日本でもこれをうけて、高血圧の予防を積極的に進める観点で、3,500mg/日を推奨しています。


近年、食生活の洋風化が進み始め、日本人の食生活が大きく変化したことで必要量の基準が見直され大幅に増えたのです。

カリウムは、細胞の代謝と深く関わりがある為に、カリウムが欠乏すると夏バテのように日々の活力が落ちて、やがて高血圧、癌の発生へと発展します。


細胞にとってナトリウムは栄養摂取に、カリウムは老廃物の排出に関与してバランスをとっています。
 

 

現代の食生活は、塩の取り過ぎですその分、カリウムを多く取らなければなりません。


海水の食塩の濃度は、3.4-3.6%で、体液は0.9%ですが、ナトリウムとカリウムの比率は、海水は、カリウムの30倍のナトリウム、体液は、カリウムの28.6倍のナトリウムとほぼ、同じ比率となってバランスがとられています。


カリウムを損失する主な原因としては

 熱による調理で失われやすく、特に煮た場合の損失は約30%
 水に溶けやすく、水洗い、水にさらす、茹でる、等で失われる
 水に溶けやすく尿として排出されやすい
 食塩の摂取量が多いと、ナトリウムとともに尿として排泄される。
 ストレス
 野菜・果物不足
 慢性的な下痢
 コーヒー
 大酒
 甘いもの
 加工食品や缶詰
 高血圧で服用する利尿剤
 糖尿病(インスリン)


カリウムが不足すると

 不整脈が出やすい
 筋肉の脱力、疲れやすい
 痙攣、こむらがえり
 心臓の不整脈
 夏バテ
 高血圧
 神経障害
 寝つきが悪い
 手足が冷たい
 なんとなく体調が悪い


日本人の死因の中で高い率を占める心臓や脳血管の疾患、癌とにはナトリウムの摂り過ぎが背景にあるといわれています。ナトリウムの摂り過ぎは、いいかえればカリウムの不足と言えます。

腎臓は、余分なカリウムを排出してくれますが、ナトリウムだけを単独で排出することはできません。ナトリウムはカリウムとまとめて排出されます。カリウムは細胞内に必要な分のほかに、余分なナトリウムを排出するための分も摂らなければならないことになります。

カリウムは私たちが口にするあらゆる食品に含まれています。窒素。リン酸・カリは植物の3大栄養素といわれ、植物にとってもカリウムは重要な栄養です。

ですので、特に新鮮な野菜、果物、肉類に多いといわれています。

弘前医大が実施した高血圧調査では、東北地方でカリウムを多く含んでいるりんごを食べる人と、あまり食べない人の血圧を比較した結果、りんごを食べている人の方が高血圧が少ない、という結果が表れたそうです。



カリウムは、むくみの解消に役に立つミネラル成分と言われていますので美容にも効果がありそうです。

カリウムを摂るべくカリウムのサプリメント調べました。

以前も摂ってみたのですが、全然効きませんでした。1日、100mgしかとりませんでしたので少なすぎたのでしょう。

その時のアメリカのカリウムサプリです。

1粒に99mgしか入っていないで1日に1錠摂りましたが、10粒で1000mgで1日必要量-の半分ですね。    

1日、2000mgには程遠い量です。

        



       クエン酸カリウム 99mg 180粒 




アメリカではカリウムを大量摂取すると、一時的にカリウムの体内濃度が著しく高まり、心臓に大きな負担をかける可能性があり、、摂取量を調整しやすいように、低容量で製品化するのが通例となっているそうです。

空腹時に摂ると吸収が良すぎてすぐに排出されてしまいます。さらに高カリウム血症の恐れもあります。

サプリは、本来、食事で摂るべき栄養の補給ですから食事と一緒に摂るのが一番です。

日本のカリウム サプリを調べてみたところ、アメリカよりもたくさんカリウムが含まれていて1日量で1103㎎も入っている物を見つけました。





ところがです。

  注目成分 [9粒(2.88g)中]  1103mgに(カリウム含有率(54.71%) )

 ということはカリウムが603mgしか入っていないという事ではないですか。

しかも、ナトリウムが1043㎎も入っているとは、問題ですね。ナトリウム過剰を抑える為にカリウムを摂るのにナトリウムも一緒に摂るのはナンセンスです。

ナトリウム・カリウムバランスがわかっているのかな?

なんと商品名がカリウム バランサー?

カリウムが帳消ししで、ナトリウムが過剰になるのでは?この商品は?


試作をつくりました。



カルシウムが717㎎、
マグネシウムが350㎎
カリウムが2000㎎ 


骨の為に         ビタミンD
血液の為に        鉄
スキンケアの為に    ケイ素

    を強化しました。



 

1日36粒はとても摂れないので半分の18粒(毎食6粒)、これでカリウム1000mg、カルシウム350mg、マグネシウム180mgになります。

      このサプリを飲みだしたら代謝が向上しました。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。